転居に伴い、様々な手続きを行います

引越しの日が決まったら、現在住んでいる不動産屋に連絡しましょう。
普通は、転居の1ヶ月前までに連絡しておきましょう。

引越しは、数社の業者から見積もりを取って、料金やサービスの内容を聞いて決めましょう。
また、粗大ごみの手配をしておきましょう。

子供のいる家庭では、転校する場合は旧住所の市役所に行って身分証明書、印鑑を持参して転出届を出して教育委員会から異動票をもらって、この二つを持って現在通っている学校に提出して下さい。

印鑑登録は、転出届を出したときから抹消されますので、新しい住所で新しく印鑑登録をしてください。
新しいところでの印鑑登録は、転居の2週間前からできます。

また、国民健康保険は、転居してから2週間以内に届け出ればいいです。

ペットは、保険所への通知が必要になります。
転居されたところの保険所で、新しい鑑札を受け取ってください。
この場合、予防注射済証が必要になります。

また、転居の際には、電話の移転手続きや郵便物の転送の手続きをしておくのを忘れずにしておきましょう。
銀行、保険、カードなどの住所の書き換えも怠りなくしておきましょう。

運転免許書の住所変更届や、車庫証明の手続きをして、車の登録変更もしておきましょう。
自動車の登録変更は、転居後15日以内に行えばかまいません。
この場合、新しいところの住民票、印鑑、車検証、車庫証明、車を持参して新しいところの陸運支局に行ってください。
新しいところの陸運支局が、前のところの陸運支局と異なっていれば、ナンバープレートは新しいものになります。

このページのトップへ