契約捺印する前に何がどのくらいいるのかよく聞く

学生マンションの選び方は、学校までの通学時間、遠くても乗り換えなしで行ければそれも狙い目です。
間取りは、1Kワンルームでいいでしょう。
駅から遠いとか、築年数が経っている物件などは、家賃が割安です。

契約時には入館料が要ります。
普通12万~17万円で、家賃の2ヶ月分を請求される場合もあります。
この費用は還ってきません。
途中で解約しても、戻ってきません。
契約期間が1年間の場合は、毎年更新してその度に支払わなくてはなりません。

また、共済会への加入が入居の条件になっている場合もあり、その場合の会費は普通年間2万円程です。

女性の場合は、女性専用の学生マンションがあります。
ここはセキュリティーの面でもモニターを設置してある場合が多く、外来者を確認して通すことができます。
また、警備会社と契約してあるところもあり、中には巡回警備をしているところもあります。

最近の学生マンションでは、エアコン、冷蔵庫、洗濯機が設備されている場合もあり、便利になっています。
また、高速インターネットが付いていたり、防音もしっかりしていて、鍵も暗証番号ロックが付いていたりで安心です。
その分家賃は高くなります。

また、学生マンションでは門限がありませんので、アルバイトなどで夜遅くなっても心配要りませんし、2~3日他所で宿泊してもかまいません。

学生会館では、食事や風呂の心配はいりませんが、門限があったり、プライバシーがあまり守れなかったりで不自由な面があります。
ただし、家賃は高くないです。

このページのトップへ