初期費用は、敷金・礼金・管理費など

賃貸契約の時に、敷金礼金管理費など初期費用を払わなくてはいけません。

初期費用としては、礼金が家賃の1ヶ月~2ヶ月分、敷金が家賃の1ヶ月~2ヶ月分、管理費はいる物件と要らない物件があります。
その額はいろいろです。

礼金は退去時に戻ってきませんが、敷金は戻ってきます。
ただし、部屋を傷つけたり汚したりするとその補修費を差し引かれます。

契約月の家賃は、月半ばで入居する場合が多いと思いますが、その場合は日割り計算で支払う場合が多いです。

また、賃貸契約で前家賃になっている場合は、翌月の家賃も契約時に支払う必要があります。

仲介手数料を求められる場合もあります。
その場合には、普通は家賃の半月分~1ヶ月分を請求されます。

火災保険などの保険に入ることを求められる場合もあります。
この料金は1万5千円~2万円ぐらいです。

鍵の交換費用も求められる場合があります。
女性の場合は、鍵を新しいものに取り換えておくことをお勧めします。
この費用は1万~2万円です。

初期費用はこのぐらいのものです。
ざっと見積もって、家賃の3ヶ月~4ヶ月分が必要になります。

また、賃貸契約では契約期間が記載されていて普通2年間です。
それを過ぎると契約の更新をしなくてはなりません。
契約の更新時に、更新料を支払わなくてはならない場合があります。
この料金は家賃の1ヶ月分が普通です。

また、不動産屋さんにこのとき更新手数料を請求される場合があります。
この料金は数万円~家賃の半月分が普通です。

このページのトップへ